北里大学医学部同窓会
2016.11.30 update

< 黒川正治学術奨励賞 >

黒川正治学術奨励賞は、本学医学部初代医学部長黒川正治先生(1913~1996)の長年の教育功労を記念して本学医学部関係者の中から学術研究及び教育の興隆に寄与する若手の人材を奨励するために設置されたものです。
北里大学医学部で最も権威のある賞で、基金運営には同窓会が大きく貢献しています。

受賞者リスト

第20回 平成29年度
石田 隆(33期生) 北里大学医学部輸血・細胞学助教
対象論文名:Multiple allogeneic progenitors in combination function as a unit to support early transient hematopoiesis in transplantation.Journal of Experimental Medicine 213:1865-80,2016
井上 久子(藤田保健衛生大学医学部H23年卒) 北里大学医学部病理学助教
対象論文名:Functional role of ALK-related signal cascades on modulation of epithelial-mesenchymal transition and apoptosis in uterine carcinosarcoma.Molecular Cancer 16:37,2017

第19回 平成28年度
菊池 真理子(31期生) 北里大学医学部外科学
対象論文名:Epigenetic regulation of ZEB1-RAB25/ESRP1 axis plays a critical role in phenylbutyrate treatment-resistant breast cancer.Oncotarget.2016 Jan 12;7(2):1741-53

第18回 平成27年度
小川 史洋(27期生) 北里大学医学部附属臨床研究センター助教
対象論文名:Prosutanoid induced premetastatic niche in regional lymph nodes. J Clin Invest.2014 Nov;124(11):4882-94.
藏重千絵(29期生)) 北里大学医学部麻酔科学助教
対象論文名:Roles of receptor activity-modifying protein 1 in angiogenesis and lymphangiogenesis during skin wound healing in mice. FASEB journal

第17回 平成26年度
大久保 博世(28期生) 北里大学医学部消化器外科 済生会横浜市東部病院外科(血管外科)
対象論文名:Leukotriene B4 type-1 receptor signaling promotes liver repair after hepatic ischemia/reperfusion injury through the enhancement of macrophage recruitment. FASEB journal

第16回 平成25年度
南野 勉(27期生) 北里大学医学部消化器内科助教
対象論文名:Tronmboxane A2 receptor signaling promotes liver tissue repair after toxic injury through the enhancement of macrophage recruitment. Toxicol Appl Pharmacol.2012 Feb 15;259(1):104-14.doi:1016/j.taap.2011.12.013.Epub 2011 Dec 21.

第15回 平成24年度
龍華慎一郎(25期生) 北里大学医学部呼吸器内科助教(診療講師)
対象論文名:Prognostic significance of nestin expression in resected non-small cell lung cancer. Chest 139:862-869,2011.
細野加奈子(薬学部H13卒) 北里大学医学部薬理学助教
対象論文名:Roles of prostaglandin E2-EP3/EP4 receptor signaling in the enhancement of lymphangiogenesis guring fibroblast growth factor-2-induced granulation formation. Arterioscler Thromb Vasc Biol.31(5):1049-1058,2011

第14回 平成23年度
石井大輔(23期生) 北里大学医学部泌尿器科学診療講師
対象論文名:Role of TNFalpha in early chemokine production and leukocyte infiltration into heart allografts. The American Journal of Transplantation. 10(1):59-68(2010 Jan)
加藤 弘(北海道大学医学部H11年卒) 北里大学医学部外科学研究員
対象論文名:COX-2 and prostaglandin EP3/EP4 signaling regulate the tumor stromal proangiogenic microenvironment via CXCL12-CXCR4 chemokine systems. The American Journal of Pathology. 176(3):1469-83(2010 Mar)

第13回 平成22年度
奥脇裕介(25期生) 北里大学医学部消化器内科助教
対象論文名:Repeat Radiofrequency Ablation Provides Survival Benefit in Patients With Intrahepatic Distant Recurrence of Hepatocellular Carcinoma. Am J Gastroenterol 2009;104:2747-2753.
松井俊道(22期生) 北里メディカルセンター病院リウマチ膠原病内科医長
対象論文名:CD2 distinguishes two subsets of human plasmacytoid dendritic cells with distinct phenotype and functions. J immunol.2009 Jun 1;182(1):6815-23.

第12回 平成21年度
大野 隆(9期生) 北里大学医学部消化器内科非常勤講師
        伊勢原協同病院診療統括部長兼消化器内科部長
対象論文名:Roles of Calcitonin Gene-Related Peptide in Maintenance of Gastric Mucosal Integrity nd in Enhancement of Ulcer Healing and Angiogenesis. Gastroenterology.2008 jan ;134(1):215-25
戸田雅也(24期生) 北里大学医学部麻酔科学助教(診療講師)
対象論文名:Neuronal system-dependent facilitation of tumor angiogenesis and tumor growth by calcitonin gene-related peptide,PNAS,2008

第11回 平成20年度
該当者なし

第10回 平成19年度
小野田清香(22期生) 北里大学医学部呼吸器内科学助教
対象論文名:Phase Ⅱ Trial of Amrubicin for Treatment of Refractory or Relapsed Small-Cell Lung Cancer:Thoracic oncology research group study 0301. Journal of Clinical Oncology Dec.2006
新井詠美(24期生) 北里大学医学部産婦人科学助教
対象論文名:Recruitment of a Prostaglandin E receptor Subtype,EP3-Expressing Bone Marrow Cells Is Crucial in Wound-Induced Angiogenesis.Am J Pathology 2006;169:1458-1472

第9回 平成18年度
天羽康之(21期生) 北里大学医学部皮膚科学助手
対象論文名:Implanted hair follicle stem cells from Schwann cells which support repair of severed peripheral nerves. PNAS 102,P.17734-8,2005
藤田 護(21期生) 北里大学医学部整形外科学診療講師
対象論文名:Angiotensin type la Receptor Signaling-dependent of Vascular Endothelial Growth Factor in Stroma is Relevant to Tumor-associated Angiogenesis and Tumor Growth. Carcinogenesis,26(2):271-279,2005.

第8回 平成 17年度
堀江良一(東京大学医学部S61卒) 北里大学医学部血液内科学助教授
対象論文名:The NPM-ALK oncoprotein abrogates CD30 signaling and constitutive NF-kB activation in anaplastic large cell lymphoma. Cancer Cell.2004 Apr;5(4):353-64
片桐寛之(19期) 北里大学医学部外科学助手
対象論文名:Involvement Of TXs Derived From COX-1 And -2 In Hepatic Microcirculatory Dysfunction During Endotoxemia In Mice.Hepatology Vol.39,No.1,2004

第7回 平成16年度
佐藤威文(19期生) 北里大学医学部泌尿器科学助手
対象論文名:Macrophages transduced with adenoviral vector expressing interleukin 12 suppress tomor growth and metastasis in a preclinical metastasis in a preclinical metastaic prostate cancer model.Cancer Res.,63:7853-7860,2003
天野英樹 (20期生) 北里大学医学部胸部外科学助手
対象論文名:Host Prostaglandin E2-EP3 Signaling regulates Tumor-Associated Angiogenesis and Tumor Growth J.Exp.Med 221-232 2003

第6回 平成15年度
渋谷明隆(5期生) 北里大学医学部内科学Ⅰ講師
対象論文名:Hepatocelluar Carcinoma and Survival in Patients with Primary Biliary Cirrhosis.. Hepatology 2002
中野智仁(14期生) 国立がんセンター中央病院精神科
対象論文名:Relationship between Distressing Cancer-Related Recollection and Hippoca mpal Volume in Cancer Survivors. Am J Psychiatry 159:2087-2093,2002

第5回 平成14年度
小林弘祐(慶應義塾大学医学部S53年卒) 北里大学医学部内科学Ⅴ講師
対象論文名:Anti-inflammatory properties of inducible nitric oxide synthase in acute hyperoxic lung injury. Am. J.Respir.Cell Mol.Biol.24:390-397,2001.
高田史男(11期生) 北里大学大学院臨床遺伝医学助教授
対象論文名:PNAS.USA,98(4):1595-1600,2001

第4回 平成13年度
柏谷義宏(14期生) 米国国立衛生研究所代謝制御教室上級研究員
対象論文名:アルツハイマー病およびパーキンソン病モデルでのD-β-ヒドロキシ酪酸による神経保護効果 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 2000年,97巻、5440~5444頁
林 泉(薬学部15期生) 北里大学医学部薬理学助教授
対象論文名:In vivo transfer of antisense oligonucleotide against urinary kininase blunts deoxycorticosterone acetate-salt hypertension in rats. British Journal of Pharmacology 131;820

第3回 平成12年度
坂本尚登(5期生) 北里大学医学部内科学Ⅳ講師
対象論文名:
小﨑里華(14期生) 慶應義塾大学病院小児科
対象論文名:Overproduction of Hyaluronan by Expression of the Hyaluronan Synthase Has 2 Enhaces Anchoorage independent Growth and tumorigenicity. Cancer Reserch 59:1141-5 1999

第2回 平成11年度
井川 宣(9期生) 医療法人 交詢医会 緑ヶ丘病院理事長
対象論文名:Expression of arthritis-causing HLA-B27 on Hela cella promotes induction of c-fos in response to in votro invasion by Salmonella typhimurium “J of Clin Invest 101:263-272
市川尊文(11期生) 北里大学医学部生化学講師
対象論文名:Distinct effect of Tetragastrin,and histamine,Cch on rat gastrin mucin synthesis and contribution of NO,”Am J Physiol 274:G138-146

第1回 平成10年度
前田眞治(4期生) 北里大学医療衛生学部助教授
大高道郎(9期生) 秋田大学第一内科講師



Home
〒252-0374 相模原市南区北里 1-15-1  北里大学医学部同窓会